Sense Lack Project

Text

ここでは、ボイスドラマに仕上げた作品の脚本を公開しています。
読みながら聴いてみたり、実際にやってみたりしてみてください。
著作権は放棄していませんが、趣味の範囲での創作活動のためならご利用くださってかまいません。
もしご利用になりたい場合は、メールでご連絡くださいね。

#010 『 ぺんぎんになりたくなったかもめ 』  <読む>

 登場人物 : 2人 (男2名)
 完成作品 : 約10分(SE込み)  

 配役
 ぺんぎん :  男性
 かもめ: 男性



ペンギン(N)
  「その日はずいぶんと空が穏やかで、青く澄んでいた。
  雨が続いた季節の終わりに、だけど、夏の始まりを予感させる、そんな空だった。
  見上げた空の向こうに、規則正しく飛び回るカモメたちの群れが見えた。
  どうやら魚の群れを見つけたみたいに集まっている」

 *お腹がなる。

ペンギン(N)「どうやら俺のお腹もすいてきたみたいだ。そのとき、」

 *どさ、どさ

ぺ「うおぉ、びっくりしたぁ。」

ペンギン(N)「真っ青に広がる海みたいな空から、魚が二匹降ってきた」

タイトル『ペンギンになりたくなったカモメ』

 *カモメの鳴き声がして、羽の音が迂回して再度近づいてくる。

ぺ「あぁ、」
か「やぁ、ペンギンさん」
ぺ「かもめさんだったか」
か「びっくりさせちゃったかな? よっと。」
 *かもめ着地する
ぺ「びっくりしたよ。
  普通に生きてたら、空からお昼ご飯が降ってくるなんてことないからね。
か「そりゃそうだ。
  お昼はもう食べたかい?」
ぺ「いや、俺はまだだよ。
  そろそろお昼でも、と思ってたところさ。」
か「そっか。じゃあ、よかった。
  一緒にどうだい?」
ぺ「いいのか?」
か「それほど大きくないけど、うまいことイワシの群れのなかでふたぁつ捕まえられたからね。」
ぺ「上手に捕まえたもんだ。」
か「たまたまだよ。
  それに、神様からこういうステキなプレゼントをもらったら自慢したくなるだろ?」
ぺ「そうだな。」
か「だから、おすそわけ。」
ぺ「ありがとよ。」
か「先日お世話になったからね。」
ぺ「あれは。あれもたまたまだよ。」
か「わざわざとりにいってくれたじゃないか。
  僕は感謝してるんだ。」
ぺ「へばってるときはお互い様さ。
  俺が偶然そこに居合わせたにすぎない」
か「ありがとうございました」
ぺ「いえいえ」
か「どうぞ、僕もお昼にするよ。」
ぺ「ではいただくとしよう。」
 *魚丸呑みのみ2つ
ぺ「うん、ステキな喉ごしだ。
  いまの季節はつるんとしてて美味しいね。」
か「そうだよね?秋になると油がのりすぎててあまりよくない。」
ぺ「たしかに。
  うん、ごちそうさまでした。」
か「いえいえ、お粗末様でした。」
ぺ「今日は空が気持ち良いだろ?」
か「そうだね、昨日までの雨が嘘みたいだよ。
  今朝はどうだった?」
ぺ「今朝の海かい?」
か「うん」
ぺ「ちょっとまだ波が高かったけど、珊瑚が気持ちよさそうにしてたよ。」
か「そっか。」
ぺ「海も、今日の夕方あたりがちょうどいいかもしれないな。
  潮の流れがおちつくだろうから。」
か「ペンギンさんは、空を飛びたいと思ったことはない?」
ぺ「空を?」
か「うん」
ぺ「そうだなぁ。。。
  たしかに居心地がよさそうだと思ってここから見てるよ。
  そういう意味では、飛びたくないといったらうそになる。
  かもめさんは空を飛ぶのが好きそうだよね。」
か「そうだね、嫌いじゃないね。
  僕なんかとくにはじめからうまく空を飛べたわけじゃないから、今日みたいな青空の日は、とても気分がいいよ。」
ぺ「はじめからうまくとべたわけじゃないのか?」
か「うん。上手なかもめもいるよ。ほら、あそこ。きょうもあそこで先頭きって飛んでる。」
ぺ「あぁ、彼女か。」
か「そう。彼女は風を掴むのがうまい。うん、やっぱりうまい。
  それに後ろから着いてくるかもめも飛びやすいように進路をとるから安心して羽をあずけられるんだよ。」
ぺ「なるほどね。」
か「僕なんかちいさいときから、ずっと練習してる。今もね。
  羽を伸ばすタイミングとか、風のくぐりかたとか、風の波の読み方とか。
  先週彼女に尋ねたら、うん、なんとなく。って言われた。
  感覚的で説明なんてできないけど、
  だから、僕は、空を飛ぶのが好きなんだと思う。」
ぺ「ここから見ていて、君の飛び方は気持ちがいいよ。」
か「わかるの?」
ぺ「あぁ、わかるもなにも、一番楽しそうに羽ばたいてる。
  すぐに君だってわかる。」
か「やだなぁ、悪目立ちじゃないか。」
ぺ「悪い飛び方じゃないさ。
  気持ちがいいよ。
  君みたいな飛び方ができるなら、空を飛んでみたくなる。」
か「よろこんでいいのかなぁ。」
ぺ「はははははははは(ペンちゃん笑)
  わかんなかったら、そーゆーときは、素直に喜んどけばいい」
か「それもそうだね。
  ありがと」
ぺ「どういたしまして」
か「さっき飛んできたけど、僕は今日の空も好きだよ」
ぺ「ん〜、空かぁ。そうだなぁ、
  逆にかもめさんは海を羽ばたいてみたいとはおもわないのかい?」
か「海をはばたく?」
ぺ「そう。海。」
か「海をはばたくかぁ。
  なんか、空より大変そうだよ。」
ぺ「そりゃそうだ。
  そのふわふわの羽じゃぁ大変かもしれない。
  僕みたいな体で、海に入りやすい体で。
  だったらどう?」
か「それは素敵だよ。うん。
  でも、海のなかって良く見たことがない。
  うまく見えないんだ。
  泳いでる魚の群れなら、影みたいにみえるんだけど。なんとなくね。」
ぺ「そっか。
  海もきれいだよ。」
か「どんな感じ?」
ぺ「ん〜、そうだなぁ。
  夜の世界に似てるのかもしれない。」
か「夜の世界?」
ぺ「そう。夜の世界。
  星がキラキラ瞬いて、
  月が大きく輝いてる。
  鯨の背中がおおきくキラキラ光ってて、珊瑚がいろんな色で輝いてる。
  ヒトデもいて、知り合いのカニも、ときどきハサミを振ってくれる。
  ダイオウイカのおっさんはわざと墨をはきだしたりしてね。
  先月はいるかに息継ぎのコツを教えてもらった」
か「にぎやかだね。」
ぺ「そうだね、海は空よりも、ずいぶんにぎやかにやってるなぁ。」
か「いいなぁ。素敵だね。」
ぺ「うん。どう?海もいいでしょ?」
か「うん。ずいぶんとうらやましいよ。」
ぺ「ん〜、そうだな。今の俺の気持ちは、それかもしれないな」
か「住んでる世界がずいぶんちがうもんだね」
ぺ「ん〜、世界は一緒だよ」
か「世界は一緒?」
ぺ「うん。見え方が違うだけだ。」
か「見え方かぁ」
ぺ「見え方が違って、その見え方の違いを、こうやって共有できる」
か「なるほど」
ぺ「同じ世界さ」
か「いいこと言うね」
ぺ「思ったことをいっただけだ」
か「僕は、ペンギンさんがうらやましい。
  だから、ペンギンになってみたい」
ぺ「うん。悪くねぇぞ。
  だけど、俺も、かもめさんになってみたい。
  素直にそう思える」
か「お互いさまだね」
ぺ「となりのイワシはなんとやら、だよ」
か「なるほど」
 *遠くでカモメが鳴く。
ぺ「行かなくていいのか?」
か「そろそろ行かなきゃ。心配かける」
ぺ「昼飯、ありがとな」
か「いえいえ、また、持ってくるよ」
ぺ「俺も持って行くよ」
か「ありがと」
ペ「ああ」
 *かもめが飛び立つ
 *遠くまでゆっくりと羽の音がして、鳴く

ペ(N)「その日はずいぶんと空が穏やかで、青く澄んでいた。
  雨が続いた季節の終わりに、だけど、夏の始まりを予感させる、そんな空だった。
  見上げた空の向こうに、規則正しく飛び回るカモメたちの群れが見えた。
  群れの中に一羽のかもめが舞い戻る。
  もしも、空を飛べるなら、俺もあの空に羽ばたきたいと願うだろう。
  どんなに願っても、叶わないものがある。
  けれど、彼は海の世界を知ることはできない。
  それが、サダメってやつだ」

 *お腹がなる。

ぺ 「さてと、もうちょっと飯のつづきといきますか、ね。
 *ペタペタペタ
ぺ 「んしょっと」
 *ザッパーン。飛び込む音
  
 *無音の空間で
ペ 「海の中の静かな世界。
   透き通る、空のような海の中。
   俺は、この世界を、
   大好きなこの、青い世界を、この小さな羽で、羽ばたいていく」

 *フェードアウト


キャスト
・ ペンギン ???
・ かもめ ???
以上でお送りしました。


 *Ending M





※使用している記号について
・* …… シーン説明 (場面の状況を描いています)
・SE …… サウンドエフェクト 効果音
・M …… 音楽 挿入曲  (文色では、演出上必要な場合にのみ記載。たいていの場合、音響の判断でつけるようにしています)
・(N) …… ナレーション  (文色では、演出上、モノローグ(独白)のような場合もある 今回の物語ではモノローグ的な演出)
・F.O. …… フェードアウト (効果音に関する指定)